高齢者のご自宅に人感センサーを設置。在宅中にも関わらず長時間人感センサーが人の動きを検知できない時、ご家族の携帯電話に異常事態発生を知らせるアナウンスを流します。

月々の管理費用不要の一人暮らし高齢者安否確認システム

異常事態発生をご家族の携帯電話に直接アナウンスを流します。

月々の管理費用の要らない一人暮らし高齢者安否確認システム

 

高齢者のご自宅の中に人感センサーを取り付けます。
在宅中にも関わらず長時間に渡って人感センサーが人の動きを検知できない時、ご自宅から直接、ご家族の携帯電話などに自動的に異常事態発生を知らせるアナウンスを流します。

 

取付簡単。ご自分で設置導入できます。

 

コールセンターなどは中継しませんので月々の管理費用や契約料金はかかりません。既設の電話回線を緊急通報の際に一次的に使って自動緊急通報を行います。

 

在宅中にも関わらず長時間に渡って人感センサーが人の動きを検知できない時、ご自宅から直接、ご家族の携帯電話などに自動的に異常事態発生を知らせるアナウンスを流します。

健康にすぐれない一人暮らしのご家庭、独居老人世帯の安全対策に。

 

 

安否確認システムが異常事態の発生を感知すると、自動電話通報機がご家族の方の携帯電話などへ自動的に直接連絡を行います。

 

通報先の電話番号は、家族、ご親戚、自治会の御担当者などの電話番号をご自分で簡単に登録できます。

 

固定電話へ通報する場合、 1回アナウンスが流れる度に10円程度の電話料がかかる運用イメージとなります。

 

安否確認システムは買い取り商品ですので月々のランニングコストは必要ありません。

本製品を使って緊急電話通報が行われた時にかかる料金の目安

本製品は、既に敷設されているNTT回線(アナログ回線、ISDN回線、ADSL回線、光電話)など固定電話回線を一時的に利用して緊急自動連絡を行います。 本製品用の専用電話回線は必要ありません。

 

既存の電話回線を使って予め登録された電話番号を自動呼び出し、相手先が電話に出ると音声アナウンスが流れます。

 

1先へ緊急連絡を行う度に、1回10〜20円程度の電話料金を使って機械が自動的に電話をかけるイメージとなります。 通話料金は電話会社からの請求となります。

 

別途、月々の管理費用や契約料金などはかかりません。

 

電話料金は電話環境(固定電話、携帯電話)により電話料金は変わります。
2016年7月現在 電話料金の目安
電話会社各社の料金プランによって変わります。詳しくはそれぞれの電話会社にご確認下さい。
NTT固定電話→NTT固定電話へ通報する場合(税抜き)平日昼間 3分間10円
NTT固定電話→au携帯電話に通報する場合(税抜き)平日昼間 3分間90円
NTT固定電話→ソフトバンク携帯電話に通報する場合(税抜き)平日昼間 約15秒 11円

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ