月々の管理費の要らない一人暮らしの高齢者世帯用安否確認システム
一人暮らし老人安否確認システムトップページ


センサーから安否確認システム通報機までの電波の通信距離



間に壁やドアなどがありますが機能するのでしょうか。

まず、センサーから通報機までの電波の通信距離ですが、 一般的な木造住宅で10から15m前後となっております。 建物構造が鉄筋コンクリート作り、もしくは鉄骨作りの場合は 通信距離が短くなります。

もし電波の届かなかった場合は、途中に中継機を入れることで通信距離を伸ばすことも出来ます。



月々の費用の要らない一人暮らし高齢者安否確認システム
月々の費用の要らない一人暮らし高齢者安否確認システム
トイレのドアや人感センサーをご自宅に取り付けます。
予め指定された時間内に1回もセンサーが反応しないときは、 予め登録された携帯電話などに自動的に異常を報せる音声アナウンスを流します。 アナウンスの後、電話をかけ直して安否の確認をすることができます。
通報先電話番号やタイマー時間はお客様で簡単に設定変更できます。
パソコン、インターネット環境は必要ありません。
通報の際はすでにある電話回線を緊急通報の際に一次的に使うだけです。 別途、月々の管理費、料金は必要ありません。初期費用のみの高齢者、独居老人専用の安否確認システムです。


安否確認システム−マンション、アパートの導入イメージ図。
安否確認システム−マンション、アパートの導入イメージ図

安否確認システム−一戸建て住宅の導入イメージ図。
安否確認システム−一戸建て住宅の導入イメージ図







 (C)Copyright 一人暮らし高齢者安否確認システム.com. All rights reserved.
無断転載を禁止いたします。




.